【美味しさを損なわない】冷凍した肉を解凍する方法

突然ですが、お肉ってどうやって解凍するのが一番美味しく解凍できるか

ご存知ですか?

一般の方

え、どれも同じじゃないの?

同じではありません。

そして一番、美味しく解凍できる方法はズバリ

氷水解凍になります。

今回は、何故氷水解凍が一番美味しく解凍できるか

説明していきます。

スポンサーリンク

美味しく解凍するための重要ポイント

それは、ドリップをなるべく抑えて解凍するということになります。

肉とドリップの写真

 

この赤い液体がドリップになります。

ドリップには、肉の旨みや栄養を含んでいるため解凍の際に

ドリップが多いと美味しさを逃しているということになります。

では、どうすればドリップを抑えられるでしょうか。

急激に温度を変化させない

になります。

0度解凍ではドリップは出にくいが、10度以上の解凍ではドリップが出やすい模式図

家庭用冷蔵庫で凍結した肉は、一般的に緩慢凍結と呼ばれ

細胞からドリップが出やすい状態になっています。

そのため、凍結された肉の温度を急激にあげてしまうとそのまま

凍結していたドリップが解けて、流れ出てしまいます。

一方で、凍結された肉に近い温度帯で解凍すると

ドリップは徐々に細胞に馴染んでいき、

ドリップを防ぐことができます。

実際にこれは、実験結果でも明らかになっています。

引用:斎藤 貴美子 冷凍魚の解凍についてを元に作成

この結果からも、0度に近い温度で解凍すると

ドリップを抑えることが可能なのがわかります。

それでは、実際に各種解凍方法のメリットデメリットを解説していきます。

各種解凍方法のメリット・デメリット

家庭でできる食品の解凍方法はいくつかありますよね。

それぞれのメリット・デメリットをまとめることで

氷水解凍の良さを伝えていきます。

氷水解凍

氷水解凍のメリットは、

  • 0度に近い解凍方法
  • 冷蔵庫解凍よりも短時間で解凍が可能


になります。

水は空気より熱伝導率も高いので、素早く解凍しつつ

余計なドリップも抑えてくれるため正に最強の解凍方法になります。

私は食品メーカーで勤務しているため、実験を行う上で食品を解凍することは

よくあるのですが、

必ず氷水解凍を行っています。

やはりドリップが出ると品質の劣化や味の低下が起こることで、

試験に影響があるからです。

そんな食品メーカーで働く私のおすすめのダイエット+節約食品は、

こちらになるので、是非!

【ダイエット+節約】食物繊維たっぷりオートミールのオススメポイント

続いて、氷水解凍のデメリットは、

電子レンジ解凍や流水解凍に比べ時間がかかるという点です。

肉の大きさにもよりますが、1時間以上はかかる場合が多いです。

冷蔵庫解凍

冷蔵庫解凍のメリットは、

  • ドリップを抑えられる
  • 前日から準備しておくことが可能


になります。

氷水解凍と同じくドリップを抑えられるので、

美味しさの維持が可能になります。

また、冷蔵庫に前日から入れておくことが可能なので

前日から準備しておけば、当日すぐに調理可能になります。

デメリットは、解凍方法の中で最も時間がかかるという点です。

常温・流水・電子レンジ解凍

これらのメリットは、

素早く解凍ができるという点です。

とりあえずすぐに調理したいという方にはおすすめできます。

一方で、デメリットは

やはり、品質の劣化になります。

せっかく冷凍しておいた肉の味を落とす解凍なので

急いでいる時以外はおすすめできません。

しかし、氷水解凍なんて待ってられないという方もいると思うので

裏技を伝授します。

それは、これらの解凍を行う際には、半解凍で調理するという方法です。

これによって、ドリップを最小限に抑えて調理することが可能になるため、

忙しい方はこの方法を試してみてください。

まとめ

肉の解凍に重要なのは、ドリップを抑えること

ドリップを抑えるにはなるべく低い温度で解凍する

氷水解凍が、比較的短時間でドリップも抑えるため、最もオススメ

冷蔵庫解凍は前日から準備できる方向け

流水・常温・電子レンジ解凍は急いでいる場合を除きオススメしない

流水・常温・電子レンジ解凍をする場合は半解凍の状態で調理すべき

いかがでしたか。

肉の解凍方法って色々ありますが、実際にどれがいいか

わかりやすくお伝えできたでしょうか。

皆さんがもっと食事が好きなる助けになれば幸いです。

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA