【睡眠不足の人必見】GABAで睡眠改善

こんにちは。SORAです。

突然ですが皆さん、最近よく眠れてますか。

私は、最近パソコンやスマホを使う機会が増えた影響か、

寝つきが悪かったり、眠りが浅いなと思う時が増えてきました。

そこで、睡眠改善できる方法ないかな

と調べてみたらありました。

「GABAを摂取し、睡眠改善」

そのため、今回はGABAの効果を

まとめていこうかと思います。

GABA(γ-アミノ酪酸)とは

GABAの化学構造

https://www.wikiwand.com/ja/Γ-アミノ酪酸

GABAは野菜や果物などに含まれるアミノ酸の一種です。

哺乳類では、GABAはグルタミン酸デカルボキシラーゼ

によってグルタミン酸から生成され、

中枢神経系の抑制神経伝達物質として機能します。

そのため、中枢神経系で重要な役割を持っていると言われています。

GABAの睡眠改善効果

GABAには睡眠改善効果があると言われています。

最近、GABAを含む製品で睡眠改善を謳った製品が増えてきましたよね。

実際、どの程度改善されるのか研究をもとにまとめていきます。

寝つきが良くなる?

GABA摂取時の実験結果

引用:Food Sci. Biotechnol. 25(2): 547-551 (2016)

この図は、どれほど寝つきが良くなるかという実験です。

1週間GABAを摂取した人が、摂取しない人に比べ、

5分早く寝付けることがわかりました。

このことから、GABA摂取することで寝つきが良くなる。

睡眠の質が良くなる?

 

実験結果

引用:Food Sci. Biotechnol. 25(2): 547-551 (2016)

GABA摂取することで、ノンレム睡眠の総量が上がることが報告されています。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、

レム睡眠は浅い眠りでノンレム睡眠が深い眠りになります。

眠りが浅い人は、このノンレム睡眠に移行しにくいと言われています。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-01-002.html

そのため、GABAを摂取し、ノンレム睡眠の総量が増えることで、睡眠の質を高める事が期待できます。

寝起きが良い?

GABAの素晴らしい効果の一つが寝起きのよさになります。

睡眠改善として睡眠薬を使うと、寝つきは良くなるが、

強すぎる効果が故に、次の日も眠気が残るといった副作用が考えられます。

実験結果

引用:Food Sci. Biotechnol. 25(2): 547-551 (2016)

しかし、このデータでは目覚めの時にアンケートをとった結果、満足度がプラセボ群に比べ、GABA摂取群が高いことが示されました。

そのため、GABAを摂取することで、寝起きもスッキリ

ストレス低減効果がある?

ストレスと睡眠には深い関係があります。

皆さんも仕事でストレスがあると眠れないという時、多くないですが?

GABAはこのストレスの低減にも寄与しています。

ストレスの指標として知られる唾液クロモグラニンAおよび唾液コルチゾールを測定しました。

実験結果

引用:化学と教育 59巻8号(2011)

その結果、GABA非摂取群に比べ、GABA摂取群ではストレス低減される事がわかりました。

この結果から、GABAを摂取する事でストレスを低減し、より良い眠りにつけると考えられます。

いつGABAを摂取すべき?

これまでGABAの睡眠に対する効果をまとめてきました。

では実際、いつ摂取するのが良いのでしょう。

引用:Food Sci. Biotechnol. 25(2): 547-551 (2016)

GABA摂取後、血中のGABA量は30分で上昇し、

60分後には低下しました。

このことから寝る30分前に摂取すると良いです。

まとめ

・GABA摂取で寝つきが良くなる

・GABA摂取で睡眠の質が上がる

・GABA摂取で寝起きスッキリ

・GABA摂取でストレス低減

・GABAは寝る30分前摂取が目安

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA